木曽・駒ヶ根エリアの観光情報

長野県南部に位置するエリア。
西側の木曽は、御嶽山系と中央アルプスの高山に挟まれ、山深い急峻な谷間に流れる木曽川沿いの街道に、奈良井宿など江戸時代の風情を色濃く残す11の宿場町が点在します。
駒ヶ岳の麓に位置する駒ヶ根の街からは、西に中央アルプス、東に南アルプスの3千メートル級の山々を望むことが出来ます。

木曽路

江戸時代の五街道のひとつ、京と江戸を結ぶ中山道のうち、信濃馬籠より贄川までを結ぶ街道。木曽を通るので「木曽路」とも呼ばれ、11の宿場町があり、かつては多くの旅人で賑わいました。今でもいくつかの宿場では当時の面影を見る事が出来ます。

アクセス

新宿から高速バス「木曽福島線」利用

観光スポット
奈良井宿

木曽路11宿の中で北から2番目にあたり、奈良井川に沿って約1kmにわたって町並みが形成される日本最長の宿場で、かつては街道を行き交う旅人で栄え、その様は「奈良井千軒」と謳われ木曽路一番の賑わいでした。旅籠の軒灯や千本格子など、今なお江戸時代の面影と日本の情緒を色濃く残す観光スポットです。木曽路の中で標高が高く、自然も豊かで四季折々の風情が存分に楽しめます。

【アクセス】高速バス「木曽福島線」、奈良井宿下車

木曽福島(福島宿)

木曽路11宿の中で北から5番目にあたり、関所が設けられた規模の大きな宿場町として古くから栄えてきた町です。古い家並みが残っており、出梁造りや袖うだつ、千本格子などの建物が江戸時代からの水場と調和しています。夜になると行燈に火が灯り、1年を通して和むことができます。

【アクセス】高速バス「木曽福島線」、福島関所下車

開田高原

木曽馬と蕎麦のふるさとであり、標高が1100~1300mと高く、真夏でも平均気温が18度という爽やかな高原です。各所からとても雄大で美しい御嶽山を見ることができます。

【アクセス】高速バス「木曽福島線」、木曽福島駅前下車、路線バス開田高原線に乗換

駒ヶ根

中央アルプスと南アルプスの高い山々に囲まれた信州伊那谷の中央に位置し、高山植物の宝庫として知られる千畳敷カールなど、四季折々の景観を眺めながらの登山や散策を楽しめる人気の観光地です。

アクセス

新宿から高速バス「伊那・飯田線」利用

観光スポット
中央アルプス千畳敷カール

中央アルプスにある日本を代表するカール(氷河の浸食により椀状にえぐられた谷)で、高山植物の宝庫として知られています。標高2500mを超える高山帯の岩肌の真下に広がっており、春にはスキー、夏には可憐な高山植物、秋には山肌が黄金色に輝く紅葉、冬には紺碧の空と純白の雪のコントラスト、と四季折々ダイナミックに変化する雄大で美しい景色を求めて全国から多くの登山者、観光客が訪れます

山麓と千畳敷カールを結ぶ駒ヶ岳ロープウェイの千畳敷駅は、日本一高い駅(標高2612m)で、山麓駅との標高差950mも日本一です。

【アクセス】高速バス「伊那・飯田線」駒ヶ根バスターミナルまたは駒ヶ根IC下車、しらび平方面路線バスに乗換。しらび平で駒ケ岳ロープウェイに乗換。