おすすめエリアの観光情報

三つ星級の日本文化とアルプスの山々を楽しむバスの旅をコンセプトに、新宿から中央道の高速バスで信州・飛騨・北陸地方を旅行する広域観光周遊ルート“三つ星日本アルプスライン”を中心としたエリアです。“日本の屋根”と呼ばれ3000m級の山々が連なる日本アルプス、日本の最高峰・富士山などがあります。これら日本を代表する山々が織りなす雄大な自然景観と、その中で育まれてきた伝統文化、このエリアならではの唯一無二の日本に出会えます。

Youtubeチャンネルにて三っ星日本アルプスラインを紹介!

飛騨高山・白川郷

岐阜県北部に位置し、北アルプスなどの山々に囲まれたエリア。古くからの町屋が多く残る風情あふれる飛騨高山、茅葺屋根の合掌造家屋が立ち並び日本の原風景を残す世界遺産の白川郷・五箇山、北アルプスの麓に個性的な5つの温泉が湧く奥飛騨温泉郷や日本三名泉のひとつ下呂温泉など、大自然に囲まれた多様な観光エリアを有します。

松本・上高地・白馬

長野県の中央部に位置し、北アルプスの山々の麓に広がる、清らかな大自然とその恵み、豊かな歴史に彩られたエリア。穂高連峰を背景に梓川が流れる上高地と、3000m級の白馬連峰に多くの個性豊かなスキー場がある白馬は、共に日本を代表する山岳リゾートです。また、国宝 松本城の城下町として発展してきた松本は、当時の風情を感じる街並みが残っています。

金沢・富山

日本海に面したエリア。
加賀百万石の華やかな歴史を継承する金沢は、当時の風情溢れる街並みの数々や日本三名園のひとつ「兼六園」などの名勝のほか、長年の都市文化に裏打ちされた数々の伝統工芸・伝統芸能などにより、世界的に有名な観光都市として知られています。
3000m級の山々がそびえる立山連峰と富山湾とが自然の景観を織り成す富山は、立山黒部アルペンルートの日本海側の玄関口としても知られています。

木曽・駒ヶ根

長野県南部に位置するエリア。
西側の木曽は、御嶽山系と中央アルプスの高山に挟まれ、山深い急峻な谷間に流れる木曽川沿いの街道に、奈良井宿など江戸時代の風情を色濃く残す11の宿場町が点在します。
駒ヶ岳の麓に位置する駒ヶ根の街からは、西に中央アルプス、東に南アルプスの3千メートル級の山々を望むことが出来ます。

山梨・富士山

山梨県南部に位置するエリア。
その優美な風貌が日本の象徴としても知られ、世界遺産に登録された日本最高峰の富士山と、その北側の山麓エリア。山麓には河口湖や山中湖などの富士五湖をはじめ、青木ヶ原樹海や溶岩洞窟など、富士山から流出した溶岩により誕生した神秘的な大自然が溢れています。

京王沿線:新宿・高尾山

新宿を起点とする京王線と、渋谷を起点とする井の頭線沿いに広がる、東京都西部を中心としたエリア。
東京でも有数の歓楽街である新宿、東京都心の近くながら豊かな自然を誇り多くの登山客が訪れる高尾山など、多くの観光スポットがあります。